アルコールに関連する社会的諸問題等に対する取組み

酒類の製造者は、酒類が致酔飲料という特性を有することから、未成年者飲酒や飲酒運転等の法令違反を防止し、適正な飲酒環境を醸成する社会的責任を果たしていく必要があります。
その一つとして酒類業界の団体が構成員となっている「飲酒に関する連絡協議会」が制定した「酒類の広告・宣伝及び酒類容器の表示に関する自主基準」において、「過度な飲酒につながる表現」をしないよう規定したり、昭和55年に設立されたアルコール健康医学協会が定める適正飲酒10か条などの「適正飲酒の普及・ 啓発」活動を支援するとともに、同協会の作成するポスタ-の配付や掲示を行うなど適正飲酒の推進に努めています。